Media Ocean
ややこしい時事ニュースを10代・20代にもわかりやすく解説するサイト
Sponsored
パートナーシップ

ケンカしちゃったカップルが早く仲直りする解決策5選!(彼氏・彼女・夫婦)

恋人,喧嘩,仲直り,方法

お付き合いしている方といつまでもラブラブで仲良しでいたいのは誰でも一緒ですよね?

でもそう簡単にはいかないのが現実です。

特に女性は感情のイキモノ。

ささいなことで機嫌が良くなったり悪くなったりして、ちょっとしたことから大げんかに発展してしまうことも少なくないと思います。

お互いに好きなはずなのに、ケンカをしてしまうとぎくしゃくしてしまい、仲直りするきっかけを逃してしまって連絡したいけどできない、といった状態が長引いてしまうこともしばしば・・・。

そのような状態は避けたいですよね。

そこで今回はケンカをしてしまった時に、効果的に仲直りする方法をご紹介します!

Sponsored

リストアップ,引き寄せ,理想,タイプ,恋人,パートナー
理想のパートナーを引き寄せる方法「リストアップ」とは何?具体的方法を公開!突然ですが、みなさんは顔派ですか?中身派ですか? 理想のパートナー像の話です。 ちなみに私は、両方派です(爆) だって...
恋人,育てる,方法,男性,理想
【暗示のチカラ?】彼を理想の男性に育てる3つの方法と気をつけるべきこと巷では、理想の男性は見つけるより育てた方が早い!と言われたりしますよね? それはあながち間違いではありません。 なかなか理想...


喧嘩したカップルが早く仲直りする解決策とは?

①ケンカしてしまった原因ときっかけを見つける

まず、少し冷静になって考える時間を設けて、ケンカに至った原因ときっかけを考えてみましょう。

相手を傷つけるようなことを言ってしまったから?浮気を疑われたから?約束を守らなかったから?ただ単に相手が機嫌が悪かったから?
思い当たる原因と、ケンカに至ったきっかけも振り返ってみましょう。

ケンカをしている最中はお互いにヒートアップしてなかなか冷静に考えられませんが、あとになってなぜケンカになってしまったのかを振り返ると、案外ささいなことが原因だったなんてこともよくあります。

「○○したことが原因でケンカになった」と言えるくらいまで考えてみてください。

②どちらの方が悪いかを比べずに、自分に非がある部分について謝る

ケンカはお互いに言い分があるからこそケンカになりますし、お互いに何かしら反省すべき点が必ずあります。

少しでも自分に非がある部分について「○○については自分が悪かった、ごめんね」と自分から先に言えるようになりましょう。

相手の立場になって考えるという習慣を持てると良いですね。

Sponsored

③相手の言い分を認めて受け入れる

先に「相手の立場になって考える」という習慣について言及しました。

あなたが今まで培ってきた知識や考えている常識が相手に必ずしも通じるわけではないことを理解しましょう。

この記事を読んで頂いている方の大半は、人生の中で、今付き合っている相手とお付き合いしてきた期間より、付き合っていなかった期間の方が長いはずです。

ということは、生きてきた世界や考え方、経験も全く違う相手と一緒にいるのです。

相手がどう思い考えているのかを理解して、認めて、受け入れるという姿勢を持てると、逆にケンカの度に相手を深く知っていくことができますよ。

④お腹が空いている、疲れている、眠い時を避けて話し合いの場を設ける

人間は疲れていたりお腹が空いているとイライラしやすい生き物で、身体的パフォーマンスも下がります。そんな状態で話し合いをしても解決しにくいですよね。

お互いのコンディションが良いタイミングに話し合いを設けることでスムーズに解決しやすくなります。

⑤自分の言い分を伝えたい時は、先に相手の言い分を聞いてから伝える

多少は自分に非があるとわかっていても、自分にも言い分はある!と思いますよね。

自ら先に謝ることをお勧めはしていますが、言いたいことを我慢するということではありません。

同じケンカを繰り返さないためにも、自分が思っていることや不満なことがある場合は伝えた方が良いです。ただその伝え方にコツがあります。

それは、「先に相手の言い分を聞く」ということです。

そしてその言い分を聞いているときは”決して割り込まない”のがコツです。

まずは相手の言い分を「聞ききる」のです。そして受け止めます。

自分の言い分や不満などを伝えるのはそれからです。

なぜなら人は「自分の話を聞いてもらいたい」生き物だからです。

あなたも、自分の話を’ちゃんと’聞いてくれる人の話は、自分もちゃんと聞こうと思いませんか?

そして伝える時は「なぜ」「何を」「どうして欲しい(欲しかった)」を冷静にかつ端的に伝えましょう。

そうすれば相手にとってわかりやすいですし、次から何を気をつければ良いか、あなたが何をどう感じる人なのかわかってもらい、相手にあなたのことをより理解してもらえる良いチャンスになりますね。

Sponsored



これだけは避けたい!仲直りする時のNG行動

仲直りする時にしない方が良いことがいくつかありますのでご紹介します。

①LINEやメールなど、文章でやりとりする

これだけは!と言っても過言ではないくらいのNG行動です。

人とのコミュニケーションは視覚から入る情報が8割以上を占めると言われています。

ということは、文章でのやりとりは残りの2割の情報をもとにコミュニケーションをすることになりますので、相手を理解するのに限界があります。

また、文章は書き手が意図した意味と読み手が受け取る意味との間に差が生まれるため「そんなつもりで送ってないのに!」という誤解が起こりやすくなります。

特にケンカの最中やケンカをしたあとなどは、できる限り誤解は避けたいですよね。

「謝る」という行動をとっても、文章でごめんなさいと伝えるのと、面と向かって「ごめんなさい」を伝えるのとでは、まったく違うと思いませんか?

文章でのやりとりはケンカの原因にこそなりやすいですが、解決の方法としては決して効果的ではありませんのでやめましょう。

②過去の話を持ち出す

ケンカをしていると、「それにあの時だって・・」と過去にあった話まで持ち出してしまうことがありますが、それは避けましょう。

あくまでも今回起こったことに対して解決の方向に向かっているのに、過ぎたことまで持ち出してしまうと余計話がこじれてしまいます。

どうしても過去のことも改めて話したいというのであれば、今のケンカが解決した後に、改めてお互い冷静になって話し合いをスタートしましょう。

Sponsored



ケンカをきっかけにお互いのことをより深く知ろう!

お付き合いしているということはいつか必ずケンカすると同義といっても過言ではありません。

ということは、ケンカしてしまった時のために良い解決方法をあらかじめ身につけておくと良いですよね。

上述したように、ケンカしてしまった時の話し合いを通じて、相手をよりよく知ることが可能になります。

ケンカしている時は嫌な気持ちになってしまいますが、それをより良い関係を築いていくチャンスに変える、という意識で向き合っていってくださいね!

Sponsored

リストアップ,引き寄せ,理想,タイプ,恋人,パートナー
理想のパートナーを引き寄せる方法「リストアップ」とは何?具体的方法を公開!突然ですが、みなさんは顔派ですか?中身派ですか? 理想のパートナー像の話です。 ちなみに私は、両方派です(爆) だって...
恋人,育てる,方法,男性,理想
【暗示のチカラ?】彼を理想の男性に育てる3つの方法と気をつけるべきこと巷では、理想の男性は見つけるより育てた方が早い!と言われたりしますよね? それはあながち間違いではありません。 なかなか理想...
Sponsored